いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第29回 第30回 第31回 - けものみちをあるく

自由形式

いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第29回 第30回 第31回








いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第29回 第30回 第31回

8月4日日曜日の放送...。

第29回では...。

サブタイトル「夢のカリフォルニア」ならではの当時の成り行きが...。


時は1932(昭和7)年のこと...。

いよいよ第10回オリンピック・ロサンゼルス大会へ向かうことになるのか...。


ロサンゼルスに着いた日本人選手団は...。

直ちに朝食を済ませるや、練習のためにプールへ移動することになったものの...。

ただ、不思議なことに、日本人を見るや、アメリカの選手たちが、立て続けにプールから上がることになって...。

見かねた政治(阿部サダヲ)が、とにかく気にしないで思う存分練習しようと後押しすることになった。


それでも悲しいかな、練習を終えての日本食レストランでの日系人の催した歓待パーティーでは、有色人種は白人と一緒に泳ぐことが許されない、という話を聞かされて...。


再び練習のためにプールへ着いたところ、先と同じように、またアメリカの選手たちが、立て続けにプールから上がることになって...。

堪りかねた政治が、アメリカチーム監督に尋ねたところ、何と意外な答えが...。

それは、先の東京での日米対抗戦を教訓としてか、日本式のクロールを熱心に研究しているとのことだった。

政治は強気になった。

「米国恐るるに足らず!」


アメリカとフランスとドイツのIOC委員は、東京が8年後のオリンピックの開催地として名乗りを上げれば、必ず支持するとの声明を発表するや...。

治五郎(役所広司)は、ロサンゼルスでのIOC総会で、正式の立候補表明の決意する。


一方の高石勝男(斎藤工)は、悶々と燻りながらも、身動き取れないままの日々にあって...。

日本を発つ前より、政治から試合には出されなくても、チームのキャプテンとしてロサンゼルスへ連れて行くとの政治の言い分を受け止めるしかなかっただけに...。

相談に乗ることになった義行(大東駿介)は、何気に打ち明ける。 すべて政治の計算づくの言動なのではないのか、日本人同士での競い合わせるためではないのか、と。

それでも勝男は、釈然としないままだった。


政治は、源三郎(永山絢斗)と日本料理店で食事をしながらの、打ち合わせにて...。

ふと何気に通りかかったウエイトレスの日系二世・ナオミ(織田梨沙)に、尋ねてみた。 日本とアメリカのどちらに勝ってほしいか、と。

しかし、ナオミは憮然と吐き捨てるだけだった。 こちらで嫌われている日本人が勝ったら、ますます嫌われるだけだし、どうせ勝てないだろうし。 さらなる酷い目に遭うだけだから、と。


政治は選手村に戻ったところ、一鶴(皆川猿時)からの相談を受ける。 勝男を出場させてはどうか、と。

しかし、政治は断った。 メダルを獲れる選手を出さない余裕はない。 日本を明るくするためにも、メダルは絶対に必要だ、と。

扉の外で聞いていた勝男に、全然気付かないまま...。


明けての選考会となって...。

勝男は全力で取り組んだが、無情にも大差で敗れてしまった。


結局のところ、代表選手の中に、勝男の名はなかったが...。

政治と一緒に出演したラジオ番組での勝男は、キャプテンとして選手の明るい話題で盛り上げていた。


ほぼ同じ頃の東京は、1940(昭和15)年のオリンピック招致に名乗りを上げることになった。



8月11日日曜日の放送...。

第30回では...。

サブタイトル「黄金狂時代」って一体...。


7月30日となって...。

いよいよ第10回オリンピック・ロサンゼルス大会が開幕となった。


8月7日には、水泳大会が開幕した。

100m自由形決勝では、宮崎康二(西山潤)が初の金メダルを獲って...。


康二の祝勝会を開こうと、政治は選手たちをリトル・トーキョーの日本料理店へ連れて行って...。

ウエイトレスのナオミに女子平泳ぎのチケットを渡して、観に来るよう促した政治だったが...。

ナオミは、日本人は勝てないよと吐き捨るだけだった。

そこへ、清一(岩松了)と治五郎が現われて、政治に伝える。オリンピックの招致が難航しており、ドイツの動向にょっては、日本にもチャンスがある、と。


明くる日の水泳男子リレーにて....。

日本チームは、世界新記録を出して、優勝となった。



8月18日日曜日の放送...。

第31回では...。

サブタイトル「トップ・オブ・ザ・ワールド」ならではの輝かしい瞬間が...。


女子チームは、秀子(上白石萌歌)が女子200m平泳ぎで銀メダルを獲って...。

女子水泳界初のメダルという快挙をもたらすことになった勢いに押されてなのか...。

男子100m背泳ぎでの日本選手は、金と銀と銅のメダルを独占して...。

男子リレーでも、1500m自由形で金と銀のメダルを獲って...。

200m平泳ぎでは、義行(大東駿介)が金メダルを、小池礼三(前田旺志郎)が銀メダルを獲って...。

結果として、日本男子水泳チームは、合計12個のメダルを獲るまでに...。

こうして、第10回オリンピック・ロサンゼルス大会は、大成功のうちに幕を閉じることになった。


日本選手団がロサンゼルスを去る日となって...。

リトル・トーキョーでは、日系人もアメリカ人も、日の丸の旗を手づくりして見送る中でのこと...。

ふと一人の日系人の老人とナオミが政治の目に入るや、咄嗟に老人が政治に抱きついて、感激いっぱいに伝えた。白人から大いに讃えられたことを。 日本の水泳選手は素晴らしい。おめでとう、と。

そして、隣のナオミは、日本人の勝てないといった決めつけを、政治に謝って、互いに解かり合うことになった。


晴れて帰国となった日本人選手は、東京駅で大歓迎を受けることになる一方で...。

そそくさと政治は、新聞社へ立ち寄るや、号外を手にする。

「全種目制覇ならず! 大横田・銅」

かの大横田勉(林遣都)の無念を思い浮かべて、政治はただ男泣きするだけだった。

一人で作業をしていた菊枝(麻生久美子)が、政治を優しく気にかけて声を掛けて...。

二人の距離は縮まっていった。



また一つ前へ進めることなったんんだろうなあ。


誰もが嬉しい気持ちにさせられる中だけに...。



まず、2018(平成30)年4月3日火曜日より発売の『ロサンゼルス・サンフランシスコ (ララチッタ)』(JTBパブリッシング)に、じっくりと目を通しながらも...。


じっくりと噛みしめてみたくなった。


東京都江東区豊洲の「レッドホースコーポレーション」からの【アメリカンクラシック マカデミアナッツチョコレート 6箱セット (1箱 240g 21粒)】や...。


アメリカ・ロサンゼルス本店「Now Foods」からの【Organic Golden Berries 227g】も...。



ありとあらゆる民族と人種の垣根を突き破って、前へ進めるアスリートへの大いなる祈りを込めて...。

タグキーワード
2019-06-20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます