いだてん NHK 大河ドラマあらすじ ネタバレ 第35回 第36回 - けものみちをあるく

自由形式

いだてん NHK 大河ドラマあらすじ ネタバレ 第35回 第36回

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

時代を紡ぐ教育論 [ 渡辺重範 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2019/9/18時点)






いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第35回 第36回

9月15日日曜日放送の第35回では...。

いよいよサブタイトル「民族の祭典」か...。


あれから...。

四三(中村勘九郎)は一番弟子となったばかりの小松勝(仲野大賀)とともに、5年ぶりに東京へ出てきて...。

不意に懐かしさからハリマヤ製作所に寄ったところ...。

何と、あのシマそっくりなリク(杉咲花)の働く姿が...。

四三は驚きと呆気にとられながらも、勝とともに学校の入学手続きを済ませることになった。


1936(昭和11)年7月31日、ベルリンオリンピックが開かれる前日のこと...。

IOC総会では、次の4年後の1940(昭和15)年東京オリンピックの開催が決定となって...。

すぐさま河西三省アナウンサー(トータス松本)からのラジオ実況中継が、日本へもたらされた。

ハリマヤ製作所では、店主の辛作(三宅弘城)をはじめ四三も勝も、これまでの四苦八苦と喜怒哀楽いっぱいのいきさつあってか、万感の想いでいっぱいだった。


8月1日...。

ベルリンオリンピックが開催となった。

かつては「ユダヤの汚れた芝居」と平気で吐き捨てたヒトラーだったが、側近・ゲッペルスからの助言あって、これまでの態度を急変させて...。

掲げられたのは、五輪とナチスの2枚の旗だけだった。

政治(阿部サダヲ)は「ナチスに媚びるのは、オリンピック精神に反する!!!」と怒り心頭のまま、先のロサンゼルスリンピックでのカンカン帽を被って観戦することに...。

肝心の陸上競技では、一番メダルを期待されていた吉岡隆徳が、何と過度の緊張が祟ってしまっての予選敗退となって...。

ほかには、田島直人が走り幅跳びで銅メダルを、三段跳びで金メダルを...。

棒高跳びでは、西田修平が銀メダルを、大江季雄が銅メダルを、それぞれ獲得となった。

そして、マラソンでは、孫(そん)と南(みなみ)と塩飽(しわく)らが出場して...。

日本から出場の孫が1位で金メダルとなった。

スタジアムには、日章旗が掲げられて、「君が代」が流れる中でのこと...。

「日本人だろうが、朝鮮人だろうが、ドイツ人だろうが、アメリカ人だろうが、俺のつくった足袋を履いて走った選手は、ちゃんと応援するし、勝ったら嬉しい」

ラジオを前に、辛作はこれまでの想いあふれて淡々とつぶやいて...。

聞き入った職人たちも四三も勝も感激いっぱいに、温かい気持ちいっぱいにあふれることになった。




9月22日日曜日放送の第36回では...。

いよいよ、あの「前畑がんばれ」か...。


それは、かの東京オリンピック開催決定の熱気の渦巻く中でのこと...。

いまだに前畑秀子(上白石萌歌)は、あの4年前のロサンゼルスオリンピック200m平泳ぎでの10分の1秒差で銀メダル、といった悔しさいっぱいのまま、いまだに悶々とした日々が続いており...。

どれだけ必死で練習を繰り返しても、ただひたすらプレッシャーに押し潰されてしまうばかりで...。

ましてや、ドイツのマルタ・ゲネンゲル選手が、最大のライバルともなれば...。

先のロサンゼルスでともに戦った松澤初穂(木竜麻生)は、秀子のコーチとしての同行を決断して...。

大会前日には、ロサンゼルスでの想い出話で和気藹々と振る舞ってみたものの...。

秀子は何も変わらないままだった。

そんな悶々とした中での夜のこと...。

唐突に秀子の両親が現われて...。

母からの温かい言葉は、緊張で押し潰されそうな秀子の心を和らげてくれて、明日の決勝へ向かう活力を与えることになった。


いよいよ決勝にて...。

秀子が絶対に負けられない気持ちいっぱいに高まってゆく中...。

号砲が轟くや、選手たちとともにいっせいに飛び込んだ。

案の定、激しい競り合いが続くことになってゆくものの...。

後半では、秀子とゲネンゲルとの一騎打ちの勢いが、ますます高まってゆく。

最後のターンでは、観客が総立ちとなって、興奮の坩堝となる中で...。

煽られての興奮いっぱいに昂った河西アナウンサーは、思う存分絶叫した。

「前畑がんばれ!!! 前畑がんばれ!!! 前畑がんばれ!!!」

これまでの熱狂ぶりが幸いすることになって、秀子は見事に勝利となった。

河西アナウンサーは机の上に立ち上がって絶叫した。

「勝ったあー!!!」

政治はじめ観客からも大歓声いっぱいあふれることになって...。

熱狂に包まれる中で、ベルリンオリンピックは閉幕となった。


いまだ熱狂の続く日本では、直ちに次の4年後の東京オリンピックの気運が、より昂ることになって...。

ところが...。

オリンピック組織委員会では、身勝手な意見ばかりが飛び交うことになって、意思の統一のできないままに...。


その膠着ぶりを打ち破るかのように...。


1937(昭和12)年7月7日、北京郊外の盧溝橋にて、日本軍と中国軍との衝突の報せがもたらされた。



この不穏な暗雲...。

ますます濃厚になってしまいそうだけに...。


のちに勃発の第二次世界大戦の終わった1945(昭和20)年8月15日から丸74年過ぎたこの日だけに...。


そう、この日8月15日の投稿だけに...。



すかさず気になってしまった。


日本初マラソン金メダリスト・孫基禎(ソンギジョン)を...。



2007(平成19)年10月1日月曜日より発売の『時代を紡ぐ教育論』(渡辺重範/早稲田大学出版部)での、本来あるはずの暮らしと心を踏まえて日々を過ごすことと同じくらいに...。


2019(平成31)年4月3日水曜日より発売の『評伝孫基禎 スポーツは国境を越えて心をつなぐ』(寺島善一/社会評論社)での、朝鮮半島出身者としても、日本人としても、本人ならではのどちらも大切にしたい気持ちいっぱいの悶々とした葛藤ぶりも...。



決して忘れない。


かの河西三省アナウンサーからの「前畑がんばれ!!!」の絶叫ぶりと同じくらいに...。

タグキーワード
2019-08-15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます