いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第42回 - けものみちをあるく

自由形式

いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第42回

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

亀倉雄策のデザイン新装版 [ 亀倉雄策 ]
価格:9735円(税込、送料無料) (2019/11/6時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

亀倉雄策の直言飛行新装版 [ 亀倉雄策 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/11/6時点)






いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第42回

11月10日日曜日の放送にて...。


サブタイトル「東京流れ者」とは...。

一体誰のことなんだろうか....。


脳溢血で倒れてしまった古今亭志ん生(ビートたけし)が無事に退院するも、後遺症の残りながら、利き腕と逆の左手での稽古にぎこちなく打ち込む一方で...。


とある書店では、『走れ25万キロ』を出版した四三(中村勘九郎)のサイン会で、賑わっており...。

順番にサインを済ませる四三の前に、志ん生の弟子・五りん(神木隆之介)が現われて、サインの宛名を伝える。

「小松金治です」

あの勝(仲野太賀)とりく(杉咲花)の息子だと知るや、四三は思わず驚きとともに腰を抜かしてしまって、しばらく言葉の出ないままのうちに、感慨深いひとときへ...。


政治(阿部サダヲ)が、肝心のオリンピックの選手村を、代々木にしたいと考えている中で...。

和重(星野源)が1つ案を持ちかける。 アメリカとソ連の冷戦がいまだに続いているからには、アメリカも日本との関係は、より良いものにしたいはず。 そのためには、代々木が一番ふさわしい場所だと、強く主張して広める必要のあることを...。

すぐさま和重は、エドウィン・オールドファザー・ライシャワー駐日大使と面談して、申し出る。 代々木ワシントンハイツを返してくれれば、東京オリンピックに全面的に協力することを...。

ライシャワーの気持ちが、前向きに動いたか...。

と思いきや...。

ライシャワーが打ち明けるには、ワシントンハイツの立ち退き料を、およそ60億円ほど要求してくるであろうことを。 国家の財政に頼るしか道が残されていないであろう、と。

直ちに政治は、『所得倍増計画』を打ち出した池田勇人首相(立川談春)を訪ねることになったが...。

肝心の池田首相は、全然納得しないままだった。


怒り心頭のまま政治は、なじみの行きつけのバー・ローズで思う存分ぶちまけることになったものの...。

しばらくしてようやく怒りを落ち着かせて、少しずつ冷静さを取り戻してゆく中で考えをめぐらせてゆく。 オリンピックを終えた後も、長く使えるものについて...。

ワシントンハイツを米軍から買い取った後で、そこに放送局を建てて中心会場にすることで、鮮明な放送を多くの視聴者へ届けられること。 すると、カラーテレビを買う人たちが少しずつ増えることになって、売上はざっと計算して、およそ60億円ほどになるのではないか、と...。

以上の提案を、政治は改めて池田首相へ提出する。

幸いにも、受け入れられることになって、選手村は代々木に決定の運びとなった。


こうして堰を切ったかのような勢いとともに...。

グラフィックデザイナー・亀倉雄策(前野健太)のデザインしたオリンピックのポスターが、すぐに完成して...。

聖火リレーについては、元タクシー運転手だった森西栄一(角田晃広)らが「聖火リレー踏査隊」を結成することになって....。

肝心の選手村の料理長には、一流ホテルの料理長として定評ある村上信夫(黒田大輔)が担当することになった。

そして、正次郎(浅野忠信)はオリンピック担当大臣に任命された。


ただ...。

正次郎から政治への「津島とはやりづらいんじゃないか」といったつぶやきに煽られるかのように...。

一郎(桐谷健太)や池田首相からも、和重とのやりにくさへの心配から、オリンピックはやり遂げられないとの、半ばあきらめたかのような思いを口にされるだけで...。


方々からのやり切れない気持ちに相次いで押されるかのように、政治が内心いくらか躊躇いかける中でのこと...。


ふと何気に『てれび寄席』という番組で、五りんの高座を眺めることになった政治は、オリンピックの噺の中での河西アナウンサー(トータス松本)の実況の真似事の面白おかしさに、ついつい魅入ってしまって...。

咄嗟に政治の脳裏に、何かが閃くことになった。



あと3年余の歳月に何があるんだろうか?

のちの第18回オリンピック競技大会。 すなわち1964(昭和39)年10月10日[のちの体育の日]に開かれることになる東京オリンピックまでに、一体何が...。


いよいよ、前野健太演じるグラフィックデザイナー・亀蔵雄策の登場となって...。

本格的に動き始めるのかなあ。

のちに、かの六耀社から出版される書籍のように...。

そう、あの2005(平成17)年7月1日金曜日より発売の『亀倉雄策のデザイン』や、2012(平成24)年12月1日土曜日より発売の『亀倉雄策の直言飛行』のような...。


特に、阿部サダヲ演じる、まーちゃんこと田畑政治の今後に向けての喜怒哀楽いっぱいの動きっぷりって...。

もしや、のちの1966(昭和41)年4月10日日曜日より公開の渡哲也主演日活アクション映画『東京流れ者』のよう?

「頼む、俺を怒らせないでくれ!」

「流れ者に、女はいらない」

といったキザなつぶやきのまま死地に向かってゆく"不死鳥の哲"こと本堂哲也を思い起こさせてしまうものが???


ますます目が離せないや。

タグキーワード
2019-11-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます