麒麟がくる NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第3回 第4回 - けものみちをあるく

自由形式

麒麟がくる NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第3回 第4回


















麒麟がくる NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第3回 第4回

2月2日日曜日に放送の第3回では...。


サブタイトル「美濃の国」にて...。

この時まさに嵐の前の静けさ、といったところなのかなあ。


それは1548(天文17)年3月より...。


戦終わって田起こしはじめて間もなく、ただただ奮闘の十兵衛(長谷川博己)の前に、ふと帰蝶(川口春奈)が現われて...。

すでに父・利政(本木雅弘)が夫・土岐頼純(矢野聖人)を謀って殺したことへの率直な気持ちを聞き出そうとする帰蝶を前に、十兵衛は返すに相応しい言葉の巧いこと見つからないままで...。

ほどなく駒(門脇麦)も加わった気兼ねすることない安らかなひとときに満足して、引き上げることになった帰蝶だったが...。

悶々とした葛藤抱える帰蝶の後姿だけに、十兵衛はただただ心の重いままで...。


ほぼ同じくして、土岐頼芸(尾美としのり)を次の守護にしようと、利政は息子・高政(伊東英明)を連れて、頼芸と向き合っており...。

すでに頼芸は、甥・頼純を謀って殺したとみなしており、ただただ利政への身構えを強めるばかりで...。

ただ、頼芸は城からの帰り際の高政に、秘かに自分が父であるかのように耳打ちして...。

かねてよりなりふり構わず力で押し切る父・利政の下に置かれて、折り合いの悪さに悩まされ通しだった高政は、揺れに揺れていた。



2月9日日曜日に放送の第4回にて...。

サブタイトル「尾張統一指令」...。


いよいよ何かが...。


それは、尾張の織田と三河の今川・松平で繰り広げられた小豆坂の合戦にて、何と負傷した織田信秀(高橋克典)が危篤との報せから...。


利政は、尾張へ戻るとする望月東庵(堺正章)には治癒を兼ねた様子見を、十兵衛には目付役を、それぞれ下知することになって...。

十兵衛は、ひとり静かに戦慄するばかりだった。 もしも東庵が尾張から戻らなかったら、すでに人質となった助手の駒を殺すと、利政から直に聞かされていただけあって...。



これから向き合わされることになる波乱とは一体...。



十兵衛の行く末はもちろんのこと...。


同じくらいに土岐頼芸の行く末も、ますます戦慄させられてしまうもので...。

かの高政へ自ら揺さぶりをかけるのか? いや逆に屈服揺さぶられてしまうのか? ますます目の離せないものがあって...。


本人の出自からの波瀾万丈の人生と重ね合わせるかのように久しく...。



たどり着く先は、かの【岐阜県揖斐川町 ふるさと納税】のありがたみであってほしいのは、自分一人だけなのかなあ。



御馳走には、まず現在の岐阜県揖斐郡揖斐川町上南方からは、「Takahashi Farm」の【揖斐川町産はつしも 白米 10kg】が...。


揖斐川町春日六合からは、「サンシャイン春日」の【飛騨・美濃伝統野菜 沢あざみ詰合せ】が...。


瑞穂市田之上東町からは、「小川ミート」の【A5等級飛騨牛サーロインステーキ用500g(1枚約250g×2枚)】が...。



おやつには、揖斐川町坂内広瀬からは、「山の中の小さなドイツパン工房 Hirose」の【小型ドイツパンセット 9種17個入り オーガニック, 有機】が...。


揖斐川町上南方からは、「いび川農業協同組合」の【いちご美濃姫 美濃娘3Lサイズ 12粒入り×2パック】が...。



最後の御口直しには、揖斐川町桂から、「いび茶の里」の【急須いらずの美濃いび茶】が...。



土岐頼芸の胸中とは一体...。


しっかりと見届けながら、じっくりと噛みしめてみるしかない。

タグキーワード
2020-01-20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。